ブログ

  1. “観光立国”実現のため、旅館業法を見直し。「最低客室数やフロント設置の有無など」

    民泊施設にも影響あるかも?訪日外国人の増加に伴い、お客さんのバリエーションも多様になってきました。国籍、年齢、性別(LGBT含む)、目的、滞在日数などそれぞれ全く違う価値観に島国の我が国は戸惑っていましたが、持ち前の適応能力の高さで対応できるようになってきました。

    続きを読む
  2. 訪日外国人は、酒蔵、ワイナリーでの酒税免税の方針〔財務省〕

    日本酒人気⤴で、粋な計らいインバウンド観光・消費促進策として2017年度にも、国内の酒蔵、ワイナリー、地ビール醸造所などで訪日外国人が購入したアルコール類の酒税を免除する方針です。

    続きを読む
  3. 民泊ホスト向け保険 火災や家電の破損などに対応 三井住友海上から

    ¥5万/年~で家具や家電、火災や水漏れなど対応民泊ホストにとって厄介なのが、火の始末や家電の破損です。三井海上火災保険が発売する民泊向け保険はそれらの心配に対応する商品だそうです。

    続きを読む
  4. 訪日外国人客 個人向けハイヤー「プライベートリムジン」

    かゆいところに手が届く訪日外国人客の中には安心して観光したい、クライアントとの旅なのでタクシーより効率よく動きたいという要望があるそうで、国土交通省が準備しているのが、個人向けリムジンサービス、その名も「プライベートリムジン」です。

    続きを読む
  5. 隅田川べりで夕涼み。 畳で飲み会!

    隅田川べりの「隅田川テラス」で夕涼み。畳で飲み会!

    東京都が企画した”おつなイベント”浅草の隅田川沿いで期間限定のイベントが開催されました。第一回目なので10日間ほどのイベントでしたが盛況だったようです。

    続きを読む
  6. 民泊インテリアに「ちょっとプラス」なアイテム紹介

    民泊インテリアに「ちょっとプラス」なアイテム紹介

    民泊インテリア造りの味方、100均とIKEA!IKEAで見つけたランプシェード飾り(約600円)は、何でもないインテリア照明をグッとオシャレにします。簡単に付けられるので取り付け場所の変更も思いのまま。ランプシェードだけじゃなく、いろんな場所に使えそうです。

    続きを読む
  7. 民泊ゲストに案内用スマホを無料レンタル 実験開始! 

    困ったときのスマホ頼み言葉も分からない海外でスマホが案内してくれたらどんなに心強いか、、、と思いますよね。地元の商店街とコラボしてスタンプラリーを楽しんだり観光ガイドをしてくれたりと困ったときは助けてくれる存在になりそうです。

    続きを読む
  8. 訪日外国人向けに使えるグッズ ついに出た!翻訳メガホン

    精度が上がればドラえもんの世界翻訳メガホンがパナソニックから年度内に発売になるそうです。まだ業務用で空港や駅、公共施設の訪日外国人案内用でセリフも決まった例文の中からセレクトして英語、中国語、韓国語で発声するそうです。でもこれってちょっと進化すればドラえもんの「翻訳こんにゃく」の世界ですね。

    続きを読む
  9. 墨田区 訪日外国人向けにインスタグラムで情報発信

    https://www.instagram.com/sumida_official/観光の魅力をSNSで発信、やっぱり写真が一番伝わる!SNSを利用した拡散型PRはもう目新しくないですが、行政の公式サイトで公開されると改めてSNSの魅力を感じますね。

    続きを読む
  10. 面白い宿紹介 箱根のオシャレなドミトリー「HAKONE TENT」一泊3,500円~

    旅好きのオーナーがやっと見つけた温泉地の物件をリニューアル箱根登山鉄道の強羅駅から3分の「HAKONE TENT」は、和のいいところと洋の使い勝手のよさをうまくミックスしたドミトリー(寮)風のゲストハウスです。

    続きを読む

民泊~よくある質問

~内装について

こんな方法があります。

        
  • 家電は家電量販店で揃え、貯まったポイントでもう1つ家電を買う。
  • その他日用品はホームセンターやイケア・ニトリ・コストコなどのショップ
  • 食器や生活用品は100円ショップ
  • 通販
  • リサイクルショップ
結構楽しいですよ。いろんなところを見て、楽しみながら購入してみるのもいいでしょう。
しかし、新生活を始めるときと同じ、ゼロから買い揃えなければなりませんので想像以上に労力を要します。 安価なものを扱うお店では、配送の梱包は自分で作業しないといけないところ、割れ物は配送不可のところもあります。何店舗か足を運んで揃えるなら、車のほうがよいかもしれません。
手配する時間、移動する時間、配送費、あちこちからの届く配送の立ち合い。と見えないものに想像以上にコストがかかっています。 新生活を始めるときは、暮らし始めてから少しずつ揃えていくことができますが、民泊を開始するときはそうはいきません。 日中仕事をしているホストなら、なおさらだと思います。 ハナコでは、忙しいホストさんのために、お手頃価格のシンプルな生活用品(スプーンからレンジや冷蔵庫といった家電まで)セットをご用意しています。 必要なものを必要な数だけお届けいたします。
お部屋のスペース、収容人数になどにもよりますが、お持ちの家具を活かしてコーディネートをいたします。 ※物件への家具の運搬が必要な場合、運搬費用は別途請求させていただきます。
自身で購入していただくことも可能です。メーカーや品番等をお伝えします。 ※コーディネート費用は弊社指定の金額をご請求させていただきます。
お部屋を拝見させていただき、状況に合わせてプランと必要なアイテムをご用意いたします。
可能です。また、ショーイングだけでもお受けいたします。
ページ上部へ戻る