民泊

  1. 訪日外国人客は2016年;2,400万人!に達したそうです

    2015年→2016年は20%アップ↑政府のキャンペーンやアジア圏の経済力アップなどが追い風となり、2016年の訪日外国人客は2,400万人に達したそうです!今後ますますの増加が見込まれ、東京オリンピックまでに4,000万人の目標も現実味を帯びてきました。

    続きを読む
  2. 訪日外国人向け 面白い企画 「日本の町工場をめぐる」

    ニッポンのものづくりを学ぶ!海外のベンチャー企業向けに日本の町工場で「ものづくりの原点」を見ていただき、企業が抱える技術的課題を実際に職人さんと話しあえる企画です。

    続きを読む
  3. 訪日客向け手ぶらで観光できる素晴らしいシステム開発 JTB パナソニック

    到着空港で手荷物預けて、手ぶらで観光→ホテルに荷物着飛行機での長旅の後、空港でキャリーバッグを受け取りそれを引きずりながらファースト観光って結構重労働。疲れているのでその間にうっかりミスも出やすく思わぬトラブルに巻き込まれてその国の印象まで悪くなったりしますね。

    続きを読む
  4. 訓練は大事!訪日客も交えて都内で震度6強を想定した避難訓練が行われました。 

    そろそろ来るかな?!備えが一番9月4日に都内で行われた大地震を想定した避難訓練は120名の外国人も参加して総勢7,000名の大規模なものでした。小池百合子都知事もスカイツリーでの避難訓練で陣頭指揮を執ったそうです。

    続きを読む
  5. 訪日客「ゴールデンルートから地方へ」「 消費から体験へ」

    LCCやクルーズ船、首都圏からの小旅行訪日外国人客の日本での観光先がゴールデンルート(京都、大阪、東京)からその他地域へ流れはじめています。地方空港へのLCCの就航やクルーズ船寄港の増加も後押しして今後も観光客増が見込まれます。

    続きを読む
  6. 面白い宿紹介 池袋 椎名町 元とんかつ屋をカフェ&宿に

    「シーナと一平」築40年の木造空き店舗を利用閉店して20年のとんかつ屋「一平」を1階はカフェ、2階は和室宿にリニューアルした「シーナと一平」。豊島区が開いた老朽物件の有効活用を考える「リノベーションスクール」で知り合った有志で始めたプロジェクトだそうです。

    続きを読む
  7. 訪日外国人2000万人の国別内訳は?半分が中韓の方々

    爆買いは減ったけど、、、2015年度の訪日外国人国別内訳で第一位は中国:約500万人、二位韓国:約400万人、三位台湾:約370万人でした。(中国+台湾+香港)で約1,000万人という数字を見ると、訪日客の偏りがはっきりしていますね。

    続きを読む
  8. 物件選びの前に!念頭におきたい鍵の受け渡しのこと。

    物件選びの前に!どうやってゲストに受け渡す?鍵の保管場所があるのか、どんな状況なのかは、物件選びの重要なチェックポイントです。今現在は、どんな方法があるのでしょうか。どうやって渡しているのでしょうか。まとめてみました。

    続きを読む
  9. 訪日外国人増えたけど、増加率(人気度)大幅アップの観光地はどこ?

    やっぱり新幹線効果は大きい!訪日外国人増加率上位は「観光資源の豊富な地方」なようです。

    続きを読む
  10. 訪日外国人が日本で困ることNo1、やっぱり、、、

    言葉の悩み、、、いつの時代も訪日外国人の困ったことの半分以上が「英語が通じない」です。やっぱり、、、。日本人は恥ずかしがりやというのもありますが、外国人にまだまだ慣れていないというのがあると思います。訪日外国人がこのまま増えれば慣れてくるので様子は変わってくるのでしょう。

    続きを読む
ページ上部へ戻る