面白い宿

  1. 面白い宿紹介 箱根のオシャレなドミトリー「HAKONE TENT」一泊3,500円~

    旅好きのオーナーがやっと見つけた温泉地の物件をリニューアル箱根登山鉄道の強羅駅から3分の「HAKONE TENT」は、和のいいところと洋の使い勝手のよさをうまくミックスしたドミトリー(寮)風のゲストハウスです。

    続きを読む
  2. 面白い宿紹介 北斗星の寝台車ベッドをそのまま利用したホテル

    コスパも高く長期利用向きJR東日本が12月に開業するホテル「トレインホステル北斗星」。客室の寝台車ベッド再利用が話題を集めていますが、それよりもホテルスタッフ全員が英語を話せたり、一泊¥2,500~¥4,000とコスパが高いこと、馬喰町駅直結なことも特筆ものです。

    続きを読む
  3. 面白い宿紹介 池袋 椎名町 元とんかつ屋をカフェ&宿に

    「シーナと一平」築40年の木造空き店舗を利用閉店して20年のとんかつ屋「一平」を1階はカフェ、2階は和室宿にリニューアルした「シーナと一平」。豊島区が開いた老朽物件の有効活用を考える「リノベーションスクール」で知り合った有志で始めたプロジェクトだそうです。

    続きを読む
  4. 面白い宿紹介 浅草の「テント宿」 7割は外国人 民泊に応用もありかも!

    長期向きではないけどオモシロそう~最近はグランピングなんて豪華テントもありますが、普通のテント泊ってアウトドア派じゃなくても人生で一回はやってみたい。野フェスなどでなじみもあり若い人や旅慣れている人達にとってはテント泊が普通かもしれませんね。

    続きを読む
ページ上部へ戻る